selected entries

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

recent entries

        

categories

archives

links

profile

search this site.

others

なんだかんだカワイイ

アラームが鳴る前に、猫に起こされた。予定まで寝とこうよと言っても、諦めずに何度も起こしに来る。

昨日、外出して猫とはぐれる夢を見た。

1回目のアラームが鳴って、また寝て、猫が見つかる夢を見た。

猫がニャーニャーしつこく起こしに来ると、あーもう!と思ったりするが、居なくなるよりずっとマシだ。

今日はひとりで出かける。確定申告に行く。

猫は謎だらけ

飼い主が風呂に入っているあいだ、猫は浴室扉の向こう側で待っている。あれは何なんだ? 見張っているのか見物になっているのか。謎だ。

むかしは、よくトイレに入りたがった。何をするでもない、飼い主の挙動を見ているだけ。私がトイレを出れば猫たちも出てくる。やっぱり見張りなのか? 謎だ。

猫のトイレを掃除しているときは、背後か斜め上キャットタワーから私を眺めている。見張っているのか、手抜きしないか心配なのか。謎だ。

これら謎について、何かの本で読んだ気がするのだが。残念ながら?覚えていない。と言うか、私は気になっているけれども、多分どうでもいいと思っている。猫って面白いなぁ可愛いなぁ、で止まっている。勝手に解釈して喜んでいる。

猫と、そんな暮らしを14年も。早いなぁ。

十七音

 最近、自由律俳句らしきものを作っている。と言っても実は「自由律俳句」の、きちんとした定義を知らない。ただ季語がなく、だいたい十七音という枠組みだけで作る。「せきをしてもひとり」が基準。
 
* グレイヘア平成最後の選択
 
* 猫が鏡の湯気をジッと見ている  

 今年の元旦から、白髪を黒く染めるのをやめた。一年経って、ようやく全体的に「グレイヘアですね!」と言われる程に、白髪が育ってくれた。私は肩に着かないくらいの長さだが、ロングヘアの人は「グレイヘア」までに2年かかるらしい。おしゃれの放棄と言われたことがあるが、実は多少の根性が要る。
 
 飼い猫Tenのブームは「風呂待ち」。洗濯物が入ったカゴに入って、そのくさい匂い?を嗅ぎながら待つのが良いらしい。意外に大人しく待っている。そのTenが、洗面所の鏡が曇っていくのを、なんだか神妙に見つめていた。浴室のドアを閉めたら、鏡はだんだん曇らなくなり、居間に戻って行った。

たぶん、な会話?

飼い猫ミヨと。


「ニャー(ねぇ)」

「なあに?」

「ニャー(残りの餌ちょうだい)」

「わかってるよー、ちょっと待ってね、コーヒーいれるから」

「ニャー(えー!?)」

「待ってよ、私だってコーヒー飲みたい!」

「ニャー(大人げないんだから…)」


…たぶん実話。

猫ですから〜



隣の部屋でごそごそしているなぁと思ったら。ちょっとその努力では入れそうもない箱に入ろうとしていたので、飼い主アシスト(笑) しばらくご満悦な表情で収まってた。しかしさすがに自力では出れまい!とふんでいたのに。自分でちゃんと脱出したようだ。さすが猫だな。


JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし



かまけていたい !

町田康の『猫にかまけて』を読んでからというもの、猫ズに対して益々甘甘になっている。この先5年は生きてくれるとしても、一期一会?今日が最後?だと思って世話したい。後悔したくないから。どれだけやっても悔いるだろうことは分かっているけれども。精一杯世話したいのです。


飛騨高山で買ったバンダナタイプの首輪。最初は2匹とも可憐な印象だったのに、最近ではリボンが下に向いてしまい、まるで市原悦子さん演じる家政婦である!!


JUGEMテーマ:猫と日常と



猫ズ近影



なぜかこの狭いスペースで2匹(笑)
あいかわらずです。


JUGEMテーマ:猫と日常と



ミヨさんの復活

夜中から約1時間おきに胃液を吐いて、
いつもは食いしん坊なミヨさんが
「食欲無いの(;_;)」だったのがウソのように
体調復活した。食欲も。
大量の毛玉がたまっているのかと思ったが
そうでもないような・・・。
あれは何だったのだろう?

まぁ元気になったから良いけれども。


注射の日



ミヨとテンは半年ごとにノミ予防の注射をしています。
2匹は外に出ないので、まぁノミの心配は少ないのですが、
人間と家で一緒に暮らしているので一応。

予防薬を皮膚につけるタイプもあります。
ノミの卵にも効くのは注射です。

半年ごとに病院に連れていくのは大変。
何が大変って、猫ズは病院大嫌いだから!
通院の日は朝から何となく感づかれたりします。
特にミヨは感が鋭い。
捕獲しにくい場所に逃げ込まれたりします。
だから当日は作戦会議を開催、今回は成功(笑)

体重がーーー
ビミョーに増えていたなぁ。
ちょっとダイエットせにゃ。



写真は2年前、前の家に住んでいたときのもの。
仲の良さは変わってないです。



JUGEMテーマ:猫と日常と

祝☆猫ズ8才



今日8月28日は猫ズの(推定)誕生日です!
おめでとー!
おめでとー!
2匹ぶん祝っておきます☆

さて...
↑こんなに小さかったのねぇ。しみじみ。
片手で1匹ずつ抱えられるくらい、ちっこい!

ちなみに、にゃん児時代の日記はこちらです。
記事数は少ないですけど、私にとっては貴重な記録。



9月のある夜、苗場山登山から帰ってきたら
玄関先にうにょうにょした何かが居ました。
なんと、生まれたばかりの子猫が3匹。
そのうちの2匹がミヨとテンです。
母猫はアパートの敷地に住みついていて、
住民にとてもなついていました。
母猫は階下の物置きの辺りで子猫を産んだようでした。
そしてなぜか、1匹ずつくわえて
うちの玄関前に引っ越してきたのです。
「選ばれたんだね!」
とお隣さんに言われました(笑)
どんな基準でウチを選んだのか分からないけど
とにかくその日から、母猫+3匹が居候。

体が頑丈そうだった1匹は里親さんに育ててもらうことになり、
母猫は授乳期間を終えて、姿を見せなくなりました。




あれから8年経ちまして。

8年!! 


↓こんな美猫にっ!


↓こんな微猫にっ!



...ごめんよ、おテンさん。
変顔の写真使っちまって。

美猫... あいかわらずバカ親路線まっしぐらでありんす(笑)
すんません。


ふたりとも愛してるよーーー!
これからも一緒だよーーー!
飼い主よろしくねーーー!



8年前のあの日、
「えーどうするの、飼うの?」と話しているところに
「いや〜どうもどうも。お世話になります☆」と母猫登場。
「うちの子たちは皆おりこうキャッツです」って
確か言ってたような気がしたのは、、気のせいか?(笑)



まーいろいろありますけどね。
そんな「いろいろ」を差し引いても
100%以上の可愛さです。
猫ってなんでこんなに可愛いの?って思います。



うちに来てくれてありがとう。




JUGEMテーマ:猫と日常と

| 1/3PAGES | >>