こういう写真を撮っていきたい

最初からモノクロ撮影に設定してみたら、思いのほか面白かった。カラーで撮って後でモノクロ加工するのとは全く違う。モノクロだから撮らなかった被写体、モノクロだから撮ったもの。鎌倉にて。







おまけに、久しぶりに店で現像してもらった。パソコンに保存して液晶画面を眺めるのとは全く違う。仕上がりまでの約10分間の、わくわく気分もいいですね。これからたまに数枚は現像してみよう。



灯った




いま住んでいる町を、私はあまり好きになれずにいる
なんというか、いつまでも足が地に着かない感じ
住民たちの横のつながりは希薄で
行政にやる気を感じられない

とまぁ、不満らしきものを並べればきりがない

でも考えてみたら、私はそれを「好きか嫌いか」、
説明できる程この町のことを知らない
むしろ距離を置いたのは自分のほうかもしれない
そんなことに最近気付いた

車で郊外のショッピングモールに行くのではなく
地域の商店を利用してみる
最寄りの図書館に通う
地元の祭りに出かけてみる

いま私はこの町を知ろうとしているところ











JUGEMテーマ:

町を歩いて心も動く

JUGEMテーマ:




用があって遠出した
電車と徒歩で
バイクで何度か通ったことがある町
歩いてみると 古い家屋やお寺など楽しい発見があった
道祖神もおわした

帰りは線路沿いの小路を歩いてみた
おもての国道とは全く風情が違う
急いだ空気を感じない
そして横を電車が走る






郵便受けに古本屋からの小包
夕飯のあと ぱらっとめくって読んだ
「ルクセンブルクのコーヒー茶碗」というタイトル
今日の心境を思い出す内容

この本を手に入れて良かった








伊香保温泉



初・伊香保温泉での写真数点。
・・・って、行ったのはもうずいぶん前なんですけどね。



家の展示場


うわーこの部屋、モデルルームみたい!!



って、これは住宅展示場の一部だもの。
まさしくモデルルーム!
だけどなかなかこんな風にはできない・・・。

ま、それがモデルルームであるわけだけど。
まるで同じ服を着てもモデルさんのようには
なれないのと同じように(笑)



今日は展示場で撮ったものを並べてみました。
内容はあまり期待できないと思います。あしからず・・・

そんなでもマァ見てみようかという方は続きをどうぞ。



代々木にて

今日は日本放送協会学園証書授与式が行われました。
代々木公園近くにあるNHKホールにて。



・高等学校普通科卒業証書授与
・高等学校専攻科修了証書授与
・社会福祉士養成課程修了証書授与

今回、専攻科を修了したのは私を含めて1393名。
おめでとうございます!



専攻科や養成課程の生徒は老若男女という感じ。高校のほうはやっぱり初々しい面々で、自分の高校時代を思い出しました。私もあんなふうに希望に満ちていたんだなぁと。

高校卒業式に参列したご両親も多いようで、式終了後、外で記念写真を撮る姿をたくさん見かけました。そっっっくりのお父さんと息子さんがいて「世代」とか「継承」なんて言葉が頭に浮かんだり。

そんなほのぼのした光景を横目に、私はまっすぐ帰路につくことにしました(とにかく空腹)。代々木公園のそばを通るのですが、そこでいろんなイベントをやっていましたよ。フリマやダンス大会?や、部活のウォーミングアップなど。それを知って、今朝デジカメを家に置いてきたことを大後悔・・・。



こんな素敵な樹もあったのにねぇ、しくしく。幹がしめ縄みたいにトルネードしてるんですよ!! 携帯電話のカメラじゃこれが限界です(泣)



フリマ会場。今日は寒かったから店番は大変だったかも。でもみんな楽しそうだったな。

話がそれるけど、歩道にとめてあった自転車やカブがいい味だしてました。アーティスティックというか。たぶんこの会場に来ている人のだと思うけど。それも撮っておきたかったのだけど、なんと携帯電話の電池がレッドゾーンで断念(泣泣)



うん、寒かったよね今日は。
卒業生の皆さん、フリマの方々、お疲れ様でした。



モンゴル展

江戸東京博物館で開催中の『チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展』に行ってきました。



なんと音声ガイド(ナビゲーター)は吉川晃司さん。右耳がメロメロです。いや、もちろんモンゴル至宝のすばらしさに溜息ばかりついていましたが。 ホントホント、吉川さんがナビゲーターだと知る前から、この催しには行きたいと思ってたんですよ。ホントに。で、吉川さんのことを知って「絶対行かなきゃ!!」と意気込みました。

なにしろ高校卒業文集「将来の自分」の欄に「遊牧民」と書いたのはこの私w そんな私がモンゴル展に行かないワケないじゃないですかー。



*東胡族・匈奴族・鮮卑族・突蕨族・契丹族
*一代の天驕モンゴル帝国の勃興
*明・清時代のモンゴル
というカテゴリ別の展示が120点以上。


金が煌びやかで、細工が美しい民族遺品の数々。イスラムやインド、中国の文化影響を受けていて、モンゴル帝国勢力の広大さがうかがえます。また出土品には家畜や龍をあしらった物が多く、彼らが大自然の中で生きぬいたことも分かります。

3連休最終日でしたが、会場はほどよく混んでいる程度だったので、展示物をじっくり見て回ることができました。音声ガイドを利用している人は少なかったです。有料ですしね。でも馬頭琴のBGMが4曲入っていたので私は音声ガイドの利用をおススメします!! 吉川さんのナレーションは素敵でしたよー。

最後にミュージアム・ショップ。このイベントが日中友好の一環ということで、品物の半分以上は中国雑貨でした。そこはちょっと残念。結局モンゴル展の図録とDVDのセットを買って帰りました。昨日今日、その本を時々眺めています。


ハラすかして飼い主の帰宅を待ってたミヨです。

実は私は歴史が得意ではないのです。日本史より世界史はもっとダメ。でもこういった展示を見るのは大好きなので、歴史を勉強しなおしたいなぁとは思っています。いまさら教科書を読み返す根気は無いだろうから、歴史小説でも読んでみようかな。とっかかりとして。

三崎にて

天気がいいので三浦半島に行った。久しぶり・・・いつぶりだ〜?!


ガードレールに吊るされた大根大根大根。

昼過ぎて三崎に着いた。
予想していたけど、食堂の前には人だかりがあちこちに見える。

皆が皆ではないと思うけど
前日にテレビの旅番組で「三崎」やってたから
その影響もあるんだろうな。


まぁ私もその影響(少し)受けて食べに来たわけですけど(笑)

あ、

でも海の幸だけでなく、もちろん写真を撮るために来たわけで!
路地をのぞいてみたりとか・・・

きっと美味しいごはんをもらってるんでしょうねぇ。だってここは三崎。


行きかう人々を眺めるのも好き。
水辺で仲良さそうな親子(たぶん3世代)が居たので撮らせてもらいました。あの子が大きくなったら、今度はお母さんを連れてくるんだろうな。そんなことを想像するとあったかい気分になりますね。


昼食後、荒崎にも行きました(荒崎公園)。
日が長くなったとは言え、道路の混雑を考えて早めに帰ってきました。
のんびり撮影するなら、もうちょっと早起きしないとダメだわね。


(荒崎で撮影したものを含めて15枚アップロードしました→こちら。)



懐かしいラ・ホヤの道

大きな地図で見る

10数年前にサンディエゴを訪れた際、日帰り・単独・路線バスで行ったラ・ホヤの町。どの道をどう歩いたか、記憶が曖昧になっていますが、この美術館は覚えています! 懐かしいなぁ。また行きたい。今だったら一眼デジタルを持ち歩いて撮りまくりたいのに(笑)



卵ふわっふわ

もう2週間前のことになりますが、スクーリングで九段下まで行きました。授業は午後からだったので、ちょっと早く九段下まで行き、散策&昼ごはんを食べることにしました。

と言ってもそれほど時間がなかったのだけど(笑) せめて昼ごはんだけは〜〜〜と探し歩いて見つけたお店です。「塩味つゆそば」に惹かれて入ってみました。


(画像クリックで拡大します)

続きを読む >>

| 1/1PAGES |