歩け、撮れ

 巷には写真撮影の教本がたくさん出まわっていて、写真雑誌は入賞作品がぎっしり。自分が撮りたい写真とは違うようだけど、私のは写真と言えないのだろうか。撮りたいように撮っちゃダメなの? 構図をしっかり決めないとシャッターは押せないのか?
 まぁどうせしっかり構えてもちゃんと撮れてないんだけど(泣)、そんなとき出会ったのが森山さんの写真集。頭頂部に雷が落ちましたね。なんて素敵なんだ!と。
 その日以来、ウェブで森山氏関連のコンテンツを閲覧。どれだけ励まされたか。そしてどんなに写真が撮りたくなったか。自分の写真がこれまで以上に好きにもなれた。ありがとう、森山さん。



 さっそく↑この本を読んでみた。文章は違う方が書いておられるが、写真満載で楽しいことこの上なし。歩いて歩いて、とにかく撮っていけ。よく見ろ。
 最近コンデジをメインで使うようになって、ちょうど森山作品に出会って。なんだか運命的なものを感じる。

「なに言ってんだか...」って言われるかな(笑)