十七音

 最近、自由律俳句らしきものを作っている。と言っても実は「自由律俳句」の、きちんとした定義を知らない。ただ季語がなく、だいたい十七音という枠組みだけで作る。「せきをしてもひとり」が基準。
 
* グレイヘア平成最後の選択
 
* 猫が鏡の湯気をジッと見ている  

 今年の元旦から、白髪を黒く染めるのをやめた。一年経って、ようやく全体的に「グレイヘアですね!」と言われる程に、白髪が育ってくれた。私は肩に着かないくらいの長さだが、ロングヘアの人は「グレイヘア」までに2年かかるらしい。おしゃれの放棄と言われたことがあるが、実は多少の根性が要る。
 
 飼い猫Tenのブームは「風呂待ち」。洗濯物が入ったカゴに入って、そのくさい匂い?を嗅ぎながら待つのが良いらしい。意外に大人しく待っている。そのTenが、洗面所の鏡が曇っていくのを、なんだか神妙に見つめていた。浴室のドアを閉めたら、鏡はだんだん曇らなくなり、居間に戻って行った。