私の厄除けはこれで良いです

マチダセンセがマイベスト詩集だと言ってたから読む。井伏鱒二著『厄除け詩集』。これ文庫本なんだけど200頁もないんだけど本体1100円、高っ!て思った。でもマチダ氏は「持ち歩いている」とか書いてあったので私も買う。つまり真似っこ。真似したところで私は町田康にはなれないのは分かってる。いやホントは分かってないのか。持ち歩いてたまに取り出して読むなぞ、マチダぽくしてみたいだけかもしれない。たぶんそう。

肝心の『厄除け詩集』だが、この時代の詩はまず旧かなづかいが読みにくさ倍増、なんとなくセンチメンタルな空気があるんじゃないかという先入観があった。この本はちがった。泥臭さ辺鄙さ愛らしさが感じられ、なんだこれ近っ!と意外に感動した。たしかにこれは持ち歩ける詩集だと。気分が沈殿気味なときに読めば浮いてきそうな。たぶんそのへんが「厄除け」なんだと思う。買ってよかったんじゃない? マチダセンセに感謝。