それは分かっている

たとえばワタシ(仮の私)に何か病気が見つかったとして、自分がそれに気付いた時点で検査しなかったとする。

うちの親なら多分こう言う。
「何故すぐ検査しなかったの!?」
ごもっともです。こうなってしまったからには反論できない。

ただ、ワタシの本音はちょっと違う。
(それはそうだけれど、ワタシだって罹患したくてなったわけじゃない)

自分でも分かっていることを、自分以外の誰かから改めて言われるのはつらい。現実から目をそらしたいときに「現実を知りなさい」とわざわざ説得されるのはキツい。

ワタシが「そんな心配しなくて大丈夫だよ治療するんだから」と笑っているのは、ヘラヘラのほほんとしている訳ではない。誤解しないでほしい。

こんな時、説得とか「がんばりなさい」とか、「アンタこれからよ!」とかいう心構えの教えは要らない。


私ならそう考えると思います。

[今日の親とのやりとりから]