宅浪時代と今と

現役時代の大学受験は不合格で
まぁ1校しか受けなかったから仕方ないのもあるけど
1年間、自宅浪人することにした。
高校の担任に相談したら
「そうか。頑張れよ」と一言。

翌年、無事に行きたい大学に受かった。

振り返ってみると、浪人当時の私は
あまり心配とか不安とか感じていなかった。
今はいろんな事を考えたり
現役大学生と試験場で戦うということに
多少の恐れ?を感じたり(笑)
なんだか雑念だらけなんだな、これが。

なんなんだろね?この違いは、と
ここ数日考えてみた。

「勉強していれば受かる」

という信念が、揺るぎないものかどうか
その辺に違いがあるらしい。
確かに、浪人中の私は「絶対受かる」と信じて
自分を信じて疑わなかった。

若いってのは、それだけですごいと思う。



あの1年間
ひとりで勉強することに対して「大丈夫なのか?」と
かなり心配させてしまった両親と、
その二人以上に心配してくれた祖父母のために
なにがなんでも合格したいと思った。

いま
具体的に誰々とは分からないけれど
私の支援を待ってくれている人がいるとしたら
今度はその人たちのために、私は
なにがなんでも合格したい。